整備などにも特色を備えている

整備などにも特色を備えている

整備などにも特色を備えている 市区町村などの自治体が運営している公共事業としての墓地とは違い、民間の場合には運営しているところのコンセプトが墓地の整備にも強く反映されているといっても過言ではありません。
そもそも公営と民間では墓地に対する考え方にも大きな差があるだけではなく、整備に対する費用の掛け方にも違いがあります。たとえば公営の霊園などは市区町村民へのサービス事情の一環としているのですから、いかに使いやすくて素晴らしい霊園を作るかではなくて低料金の使用を根底に置いています。
しかし民営の墓地では運営しているところの考え方が色濃く出るので、公園のように過ごしやすい長くいても心が和む場所などのさまざまな特色を出しています。そしてそれぞれの特色を好むかどうかで、お墓を探している方も自分に合っているかどうかを決めるのではないでしょうか。そのため一番良いとか素晴らしいとかは他人が決められるものではありませんから、家族などでよく相談して選ぶことが重要です。

民間が運営するほうが融通が利くので便利

民間が運営するほうが融通が利くので便利 すでに先祖伝来の立派なお墓がある方は別として、これから自分や家族が将来的にお世話になる墓地を現在探してくる方は少なくないのではないでしょうか。
お寺に墓地を求める場合は檀家になるなどの多少の煩わしさが伴うこともありますが、法事などのさまざまな供養は自分で特に手配しなくても良いという利点があります。またお寺を別にしてお墓探しで比較されるのが、自治体管理の公営と民間が運営する霊園かも知れません。
さて敷地内での決まりが非常に厳しいのはどちらかといえば公営のほうで、民営の方はコンセプトから逸脱しなければいろいろな点で融通が利きます。たとえば墓地の区画の広さもある程度は緩やかなので自由度が高く、抽選で決められる公営とは違って選んだところを使う権利が得られます。そこであまり規則に縛られすぎないほうが好みであると考えるのであれば、民間の墓地を選んで敷地内の好きな場所にお墓を作ることのほうをおすすめします。

新着情報

◎2018/10/18

整備などにも特色を備えている
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 整備」
に関連するツイート
Twitter